LINEクリエイターズスタンプ発売から1ヶ月レポート

LINEクリエイターズスタンプにて
「たましい」スタンプを発売して1ヶ月が経ちました!

クリエイターズスタンプ開始のスタートダッシュの波に乗れたわけでもない、
無名の作家が販売したスタンプの行く末は???(笑)

ちょうど区切りがいいので、レポートみたいなものを書いてみようと思います〜

という記事を書こうと準備してたんですが、はっと気づいたらそろそろ2ヶ月が経ちそう(苦笑)
でも、せっかく準備してたので、このまま続けます!
個人的な備忘録を兼ねているので長いです。
スタンプに興味ない方はまわれ右で!

LINEスタンプ たましい

申請からリリースまでの流れ

【スタンプ申請日】
4月23日(水)

【申請ID(パッケージID)】
6800番台

【ステータスの変化】
5月下旬ぐらいかな〜?気づいたら申請中から審査中になってました。

【スタンプ承認のメール】
6月11日(水)

【発売日(リリースボタンを押した日)】
6月12日(木)

申請からリリース(発売)までの時系列はこんな感じです。
おおよそ2ヶ月弱でした。

幸い、1度もリジェクト(審査不通過)されることなく承認されたので、
とても順調な方だったと思います。

ガイドラインを何度も確認しつつ、データ作成もしっかりチェックし、
お仕事でweb制作もしてるので「web用データ作成を失敗するわけにはいかぬっ!!」
という気持ちで準備したのが功を奏しましたヽ(*´∀`)ノ

とはいえ、もともと注意力散漫なべにだま。
今回何事もなくすんなりいったのはラッキー・・・奇跡的だったと思われます・・・

リジェクト(審査不通過)について

リジェクトとは、スタンプが審査される過程で、内容がガイドラインに沿っていないなど、
何か問題があった場合に差し戻し通知されるのが「リジェクト」です。
(問題なければ「承認」され、そのまま「リリース」できます。)

リジェクトには2種類のタイプがあるようです。
●問題を修正して再審査をそくす可能性のある通知
●再審査不可の不採用通知

スタンプ販売後にいろんな作家さんとお会いする機会があり、
「まだ申請中〜」とか「リジェクト来た〜」というお話しを聞くことができました。

そんな生の声や、調べた情報から、
多いと感じるリジェクト理由を(今後の制作の備忘録として)まとめてみました。

【スタンプの絵柄について】

(1)  スタンプセット(40個)の中に似た絵柄が複数ある

パーツの使い回しもひっかかる場合があるようです。
キャラクターによっては、基本形が同じで、パーツが違うことによって表現するのが個性の子もいると思うのですが・・・スタンプとしては相応しくないという判断なんでしょうね。
たましいも、普段のビジュアルで使っているような、
表情違いのイラストを多く入れてたらひっかかってたな・・・

(2) 暴力的表現がある

え?これが?というような絵柄でも指摘されることがあるので、
この辺りは担当者のさじ加減にも左右されるような気がします。

血、包丁などの武器など、犯罪を臭わすようなものはNG。
あと、叩く、蹴る、切られるなどの表現もNG。
調べてみたら、殴っているような激しいツッコミイラストもひっかかるようです。

たましいスタンプの中に、頭突き風にツッコミしているのがあるんですが、
やられてる方が“殴られた感”を出してないからか、「なんでやねん」という言葉を入れたからツッコミと分かりやすかったのか、、、
とにかく問題無く通過させてくれてスタッフ様ありがとう!!

(3) 性的表現がある

これも、なんでこれが?ってのがあるので、
同上、担当者のさじ加減にも左右されるような気がします。

有名な表現ではウ◯コ(どこまでいけるか限界に挑戦している方が多数w)、露出、性的を連想させる物などがNG。
動物キャラなど、もともと服を着てないものは問題ないようですが、
乳首らしきものを描くと性的と判断されるようですね〜

(4) 団体のマークや特定の商品が含まれているとNG

たとえば、病気などの表現に赤い十字マークを入れると赤十字を連想させるのでダメみたいです。
他にも、特定の商品と思えるような(例えば、ジュースをどうみてもコ◯コーラに描くとか)のもNGのよう。

(5) 著作権を侵害していないか

例えば、有名なアニメの登場人物の服装を真似たパロディものはNGのようです。
すごくマイナー作品とかだと知識にもよる気が・・・いやいや、その辺はしっかりされてるんだろうなぁ。

たましいスタンプの中にもあやしいのがあるって?
いえいえ、そんなことはまったくございませんですよ〜

【データ作成について】

(1) PNG透過されていません

この理由が一番多く聞きました。
中には、改めて確認したけど全部透過されてた・・・って方も。

真相は分かりませんが、もし、PhotoshopやIllustratorで制作しているなら、
Webおよびデバイス用に保存」でPNG保存することをお勧めします。

web用の保存なのでデータも軽くなりますし、
保存画面で透過されているかどうかも一目瞭然です!

●Photoshop CS5.1の場合web用に保存

詳しい使い方は「Webおよびデバイス用に保存 Photoshop」などでGoogle先生に聞きましょうw
※バージョンが古いとこの機能が付いてないこともあります。

(2) 画像サイズが適切でない

規定のサイズより極端に小さかったりするとだめなようです。

たましいの場合、ちゃんと余白はとりましたので問題はなかったのですが、
正直、ちょっと大きすぎたかな〜って反省してます。
他のスタンプ達と比べると、明らかに全体的に大きいので(苦笑)
線が太いのもよけいと大きく感じさせる気がします。
何度もシュミレーションしたのになぁ・・・

特に気になるのが、LINEのトーク時に表示される「タブ」部分。

たましいLINEスタンプ

実は、タブ画像には余白はいらないんだと勘違いしてたせいで、
たましいだけめっちゃデカイ!!!www
個人的に一番悔やんでいる部分なのですが・・・
お友達には「目立っていいんじゃない?笑」と言われるので、
まあいいかと最近思ってます。
次に作る時はちゃんと気をつけようと思う次第です。

【テキスト情報について】

※テキスト情報を修正すると、申請時に付けられたIDが修正時の順番に上書きされるらしいです!
 (一度列から抜けたら並び直しってことですね〜)
 テキスト情報は間違えないよう、十分な注意が必要です。(自分に言い聞かせ)

(1) 日本語テキストに記号が含まれている

作家名に記号を含んでいる場合ってけっこうありますよね?(例:つのだ☆ひろ)
この☆とか♪とかを作家名や説明文に入れてしまうとひっかかるようです。
全角の「!」と「?」は大丈夫でした。

(2) 英文を記載していない

LINEの基本言語は英語に設定されているので、
英文もちゃんと記載しないとダメらしいです。

(3) 英文に全角が含まれている

コンピューター上では、英数字は半角文字(1バイト文字)が基本です。
同じアルファベットでも、全角の「A」と半角の「A」は別の文字です。

全角文字(2バイト文字)は、日本語の漢字など、半角文字で表現しきれない複雑な文字を表示する為に作られたものなので、
英語圏などの英数字しか使わないPCでは文字化けして表示されないことがあります。

英文には半角文字を使うようにしましょう。
(これはwebサイトとか作る時にも言えるので、声を大にして言いたい!!笑)

うっかりしがちなのが、日本語文で「!」を使っていて、英文で半角の「!」に直し忘れ。
ご注意を〜

とうとうリリース!

スタンプ申請後すぐに届いた「スタンプの審査をリクエストしました」というメール後、
特になにも音沙汰がなかったので、審査結果はいつ出るのかな〜っと、
たまに思い出しては管理画面にログインしてみたりしてました。

1週間、2週間・・・ステータスは「審査待ち」のままだし、
「すごい数が申請されているから審査が進まない」とも聞いていたので、
気長に待とうと半分忘れかけていたら・・・承認メール来てた!

こんな感じの、シンプルかつ、簡潔なメールが届きました!

このメールが届いた日はたまたまメールチェックしてなくて、
翌日、満を持してリリース!!!(リリースボタンを押しただけw)

クリエイターズスタンプサイトの新着一覧にたましいがっ!!!
ふおおおおおおお!!!感動ー!!!
とにかくこのサイトに表示されたことに感動ー!!!
スタンプで表現するとこんな感じ

また、「リリース」って言葉が、なんかメジャーな雰囲気を醸し出してるぅー!
っとひとりで舞い上がってしまいました・・・

販促活動

とりあえず身近な人たちに連絡しまくり買って貰うという迷惑行為w
(みんな、めるしー!!!)
ごり押ししておきながら、使ってくれるのがうれしいやら、気恥ずかしいやら(〃▽〃)
でもやっぱりうれしい♪

中には、友達が使ったのを気に入って買ってくださる方も多くて、
そうやって少しずつ広がって行くのって本当にすごいな〜って改めて思いました。

販売1ヶ月間でやった宣伝活動は以下です。
●Twitterで販売時の告知を1回。
●ブログでの紹介記事を1回。
●販売直後に参加したクリマで、宣伝POPと名刺を配布。

改めて羅列してみると、たいした宣伝してないですね・・・(´∀`;)
必要最低限の販促活動ってとこでしょうか。

後々、すごい売れてる方のレビュー記事などを読むと、
「スタートダッシュでいかに宣伝できるかが鍵」ということなのですが、
正直なところ「これ以上どうやったらわからないー\(^o^)/」というのが本音です。。。

あ、もう一つ、LINEスタンプ検索サイト「Stampers(スタンパーズ)に登録してみました。
スタンプにタグを付けられるので、気になるタグからお気に入りを探すことが出来るサイトです。

たましいページはこちら
http://www.stampers.me/stamp/2420

このページに「HAVE(持ってる)」と「LOVE(好き)」ってボタンがあるんですが、
なんとどちらのボタンも押してくださってる方がいてびっくり!
うれしいですわ〜(*´∀`*)

 気になる売上は?

で、結局、売上はどうなの?ってことですが、
クリエイターズスタンプの売上金は、分配金(スタンプ1個(100円)の50%(50円))から源泉所得税を差し引いた金額になります。
LINEスタンプは毎月末締めの翌月10日前後で売上金確定なので、
6月分(6/12〜6/30の18日間)の確定金額のお知らせが7/9にメールで届きました。

どきどきしながらメールを開くと・・・
無事に最低支払金額を超えることができましたー!
(最低支払金額は、分配金残高が10,000円以上あること)
やたー!やたー!!ヽ(*´∀`)ノ
(とはいえ、すごい人に比べたら微々たるものです)

でもまだ払い戻しはしません。
だって、次回も無事に最低支払金額を超えるとは限らないので・・・(´ー`)

ちなみに、分配金は必ずしも販売価格の50%、50円とは限りません。
37円だったり、42円だったり・・・なんで?って感じですが、
おそらく、支払方法の違いや、海外からだと為替の関係で金額が変わるのかな〜っと思ってます。

と、まあ、金額はさておき、
個人的にと〜っても嬉しいのは、
「毎日、この世界のどこかで、たましいを気に入ってくれている人がいる!」
ということです♪
本当に信じられないことです!うれしすぎる!!

なぜ、こんなことが分かるのか?というと、
LINEのマイページから毎日の分配金が確認できるんですよ。
しかもほぼリアルタイムに!(10分間隔ぐらいで更新されてる気がする)
最初はついつい、数時間おきにチェックしちゃったりしましたが、
さすがに今は1日1回ぐらいかな。

そう、この毎日の金額が0円じゃない限り、
どこかで1つはたましいが買われてる(字面がヒドいw)ってゆう証ですよね^^
みなさま本当に「めるしー♥」

今のところ、販売からずーっと0円の日がないのが小さな自慢です( *´艸`)

LINEスタンプが一番売れる曜日は?

曜日によって売れ行きに違いがあるのかなー?っとふと思い、
売上が落ち着いた辺りで曜日ごとの平均を比べてみました。
結果は・・・

1位 土曜日
2位 金曜日
3位 木曜日

という順位になりました!
週末に向けて、友達とコミュニケーションをとる機会も増えますし、
お気に入りスタンプを探したりできるような時間に余裕ができるからかな?と推測してます。

とはいえ、それぞれの差は微々たるものですし、
たった1ヶ月ぐらいの統計なのであまり当てにはなりませんがご参考までに。

最後に

いっぱい詰め込みすぎて、自分でもよくわからないような長〜い記事を
最後まで読んでいただきありがとうございました!
これからスタンプを作ろうと思ってる方、迷ってる方の参考に少しでもなれてたら幸いです。

べにだまも、今後、たましいスタンプ第2弾とか、
別の絵柄でも作ってみたいな〜なんて思ったりしてます。
もし、こんなスタンプ欲しい!とかリクエストがあったらぜひお聞かせ下さいmm

では、この場をかりて、たましいスタンプを使ってくださってる皆様、
本当に本当に本当にありがとう!!!!!
べにだまは幸せ者です〜+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚

そして宣伝www

たましい tamacii LINEスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1001662/ja

 


※ブログランキングに参加してます!クリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ    

カテゴリー: JOLI BIJOU(ジョリ・ビジュ), LINEクリエイターズスタンプ, お知らせ, たましい(tamacii), ハンドメイド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です